タバコは美白によくないといわれていますが、これは本当のことです。 タバコにはニコチンと呼ばれる有害物質が含まれています。 ニコチンが体内に入ってしまうと血液の流れが悪くなり、血液の中に含まれる老廃物を排出することができなくなります。 そうすると血液が汚れたままなので、肌の色が濁って見えてしまうという訳です。 そのため、タバコを止めない限り、いくら美白効果がある化粧品を使用しても無駄ですし、いくら食べ物に気を遣っても意味がありません。 全てタバコのせいで、効果が半減してしまいます。 さらに、タバコを吸うとビタミンCが大量に消費されてしまうので、美白を妨げるだけでなく、肌トラブルを引き起こす原因にもなると思ってください。 また、よく知られていることですが、健康面にも悪影響を及ぼします。 ガンのリスクを高めてしまうので、長生きするためにも止めた方が良いでしょう。 タバコにはこのような害があるため、美白を意識しているのであれば、禁煙することをおすすめします。